HOME > 寺本鉄工が高精度を要する組立が得意な訳!

寺本鉄工Blog モノ作り日記

記事タイトル一覧を見る

2014.07.04

寺本鉄工が高精度を要する組立が得意な訳!

300mm角×長さ2000mmの板金を研磨してLMガイドを取り付ける。

要求真直精度は2000mmで3ミクロン。

もちろん板金はボックス構造であり、焼鈍、高品質な研磨を施したものであるが、それでもLMガイドを取り付けた真直度はなかなか3ミクロンはでません。他社であれば、シムを使って調整するしかありませんが、シムはあくまでもスペーサーなので、精度が安定しませんし、1ミクロン単位でシムを入れていくのは不可能です。

弊社では、光明丹であたりを取り、キサゲ加工を使って、LMガイドを貼る面を1ミクロン単位で落としていき、最終的に3ミクロンという精度を出します。

これが、寺本鉄工が高精度を要する組立が得意な訳!です。

PAGETOP